バグ報酬はブロックチェーンネットワークを安全にするのに役立つが、結果はまちまちです

バグ報酬はブロックチェーンの安全性向上に役立ちますが、結果は異なる場合があります

バグ報奨金は、組織がセキュリティ研究者や倫理的またはホワイトハットハッカーにソフトウェア、ウェブサイト、またはシステムの脆弱性を見つけて報告することを奨励するために提供するプログラムです。バグ報奨金は、悪意のある行為者がそれらを悪用する前に潜在的な弱点を特定し修正することによって、全体的なセキュリティを向上させることを目的としています。

バグ報奨金プログラムを実施する組織は、通常、プログラムの範囲、対象、興味のある脆弱性の種類を明示したガイドラインとルールを策定します。発見された脆弱性の重大性と影響に応じて、有効なバグの提出に対して提供される報酬を定義する場合もあります。報酬は、わずかな金額から大きな現金賞までさまざまです。

セキュリティ研究者は、指定されたシステムやアプリケーションの脆弱性を探すことによってバグ報奨金プログラムに参加します。彼らはソフトウェアを分析し、侵入テストを実施し、潜在的な弱点を特定するためにさまざまな技術を使用します。脆弱性が発見されたら、それは文書化され、通常はバグ報奨金プラットフォームが提供する安全な報告チャネルを介してプログラムを実行している組織に報告されます。

脆弱性レポートを受け取ると、組織のセキュリティチームは提出内容を検証し確認します。脆弱性が確認されると、研究者はプログラムのガイドラインに従って報酬を受け取ります。その後、組織は報告された脆弱性を修正し、ソフトウェアまたはシステムのセキュリティを向上させます。

バグ報奨金は、セキュリティ研究者が提供する知識と多様な視点を活用することで相互に利益をもたらすため、人気を集めています。組織は、見逃されている可能性のある脆弱性を特定するのに役立つ、追加の防御層として機能するセキュリティ研究者の専門知識と多様な視点を活用することによって利益を得ます。一方、研究者は自分のスキルをアピールし、経済的な報酬を得ることができ、デジタルエコシステム全体のセキュリティに貢献することができます。

プラットフォームのコード内の脆弱性を発見することは、ユーザーを保護する上で重要です。Chainalysisの報告によると、約13億ドル相当の暗号通貨が取引所、プラットフォーム、および個人から盗まれました。

バグ報奨金は、個人的な利益のためにそれらを悪用するのではなく、最初に組織に脆弱性を報告することを研究者に奨励することで、責任あるかつ調整された脆弱性の開示を促すのに役立ちます。これらは多くの組織のセキュリティ戦略の一部となり、セキュリティ研究者と彼らが保護を支援する組織との協力的な環境を育成します。

参加方法

コミュニティは、多様な視点とスキルセットを活用することによって、バグハンティングにおいて重要な役割を果たすことができます。組織がコミュニティと協力することで、さまざまなバックグラウンドや経験を持つセキュリティ研究者の広範なプールにアクセスすることができます。

ブロックチェーン監査会社Verichainsのビジネス責任者であるトロイ・リーは、Cointelegraphに対して「バグ報奨金プログラムは、セキュリティ研究者や倫理的なハッカーとして知られる熟練した個人の広範な範囲を巻き込むことによって、ブロックチェーンネットワークのセキュリティを向上させるためにコミュニティの力を利用しています。」と語りました。

リーはさらに、「これらのプログラムは参加者が脆弱性を検索し、バグ報奨金を組織に報告することを奨励します。コミュニティを巻き込むことで、組織はさまざまな専門知識と視点を持つ多様な人材プールを活用することができます。バグ報奨金プログラムは、透明性を促進し、継続的な改善を容易にし、ブロックチェーンネットワークの全体的なセキュリティ姿勢を強化します。」と述べました。

コミュニティをバグハンティングに巻き込むことのもう一つの利点は、発見プロセスの拡張性と速度です。

組織はしばしば時間や人員などのリソースの制約に直面し、システムを脆弱性のために十分に評価する能力が制限されることがあります。しかし、コミュニティを巻き込むことにより、組織は同時に複数の研究者がバグを特定するために作業できる大きなリサーチャープールにアクセスすることができます。

この拡張性により、複数の個人がシステムの異なる側面を同時にレビューすることができるため、より効率的なバグ発見プロセスが可能になります。

コミュニティをバグハンティングに巻き込むことのもう一つの利点は、従来のセキュリティ監査と比較して費用効果が高いことです。従来の監査は、外部のセキュリティコンサルタントの雇用や社内評価の実施など、費用がかかる場合があります。一方、バグ報奨金プログラムは、費用効果の高い代替手段を提供します。

最近の記事:Google CloudがVoltageパートナーシップを通じてBitcoin Lightningの野望を追求

この成果報酬モデルは、実際に見つかったバグに対してのみ組織が支払いを行うことを保証するため、より費用効率の良いアプローチとなっています。バグ報奨金は、組織の予算に合わせて調整することができ、報告された脆弱性の重大性と影響に基づいて報酬を調整することができます。

Caminoブロックチェーンの提供者であるChain4Travelのテクノロジーオフィサーであるパブロ・カスティージョは、Cointelegraphに対して「コミュニティをバグハンティングに巻き込むことは、組織とセキュリティ研究者の両方に多くの利点をもたらします。まず第一に、才能と専門知識へのアクセスを拡大し、さまざまなスキルセットと視点にアクセスすることができます。」と語りました。

カスティージョはさらに、「これにより、脆弱性を発見し効果的に対処する可能性が高まり、ブロックチェーンネットワーク全体のセキュリティが向上します。また、業界内での信頼と評判を構築し、コミュニティとの良好な関係を築くこともできます。」と述べました。

「セキュリティ研究者にとって、バグバウンティプログラムへの参加は、実際のシナリオで自分のスキルを披露し、認識され、金銭的な報酬を得る機会です。」

この協力は、組織のセキュリティ体制を強化するだけでなく、貢献者に対して認識と報酬を提供します。コミュニティは、実世界のシステムへのアクセスとスキルを磨きながら、ポジティブな影響を与える機会を得ることができます。

監査なしで開始される暗号プロジェクト

多くの暗号プロジェクトは、適切なセキュリティ監査を実施せず、代わりにホワイトハッカーに脆弱性を発見してもらうことに頼っています。この現象にはいくつかの要因があります。

まず、暗号業界はスピーディで競争が激しい環境で運営されています。市場で先行することは大きな利点になります。包括的なセキュリティ監査は時間がかかり、コードの詳細なレビューや脆弱性テスト、分析が必要です。これらの監査をスキップするか遅延することで、プロジェクトはスピーディに開始し、市場で早期に立ち位置を確立することができます。

次に、特にスタートアップや小規模な取り組みなどの暗号プロジェクトは、リソースの制約に直面することが多いです。信頼性のある監査企業による徹底的なセキュリティ監査は高額な費用がかかります。

これには外部の監査人の雇用、テストのための時間とリソースの割り当て、特定された脆弱性の対処が含まれます。予算の制約や優先順位の決定により、プロジェクトは開発やマーケティングなどの他の側面を優先する場合があります。

もう一つの理由は、ブロックチェーンの分散化の性質と暗号空間の強力なコミュニティ志向です。多くのプロジェクトは分散化の哲学を受け入れており、責任と意思決定を分散させることを含んでいます。

しかし、適切な監査なしで暗号プロジェクトを開始し、ホワイトハッカーだけに頼ることには重大なデメリットがあります。その一つは悪用のリスクが増加することです。徹底的なコードベースの評価が行われない場合、潜在的な脆弱性や弱点が見逃される可能性があります。

悪意のある者はこれらの脆弱性を悪用して、プロジェクトのセキュリティを侵害し、資金の盗難、不正アクセス、またはシステムの操作を引き起こす可能性があります。これにより、重大な財務的損失や評判の損害が生じる場合があります。

もう一つのデメリットは、セキュリティ評価の不完全さや偏りです。ホワイトハッカーは脆弱性の特定に重要な役割を果たしますが、専門のセキュリティ企業による包括的な監査と同じレベルの保証を提供するわけではありません。

ホワイトハッカーにはバイアスや専門分野、時間とリソースの制約がある場合があります。彼らは特定の側面や脆弱性に焦点を当てることがあり、他の重要なセキュリティ問題を見落とす可能性があります。包括的な監査によって提供される総合的な視点がないと、セキュリティ評価は不完全になる可能性があります。

Castillo氏は「ホワイトハッカーは脆弱性の特定に重要な役割を果たしますが、それだけに頼ることは包括的なカバレッジを提供しない可能性があります。確立されたプロバイダによる適切なセキュリティ監査が行われない場合、悪意のある者が悪用できる重大な脆弱性や設計上の欠陥が見逃される可能性が高まります。」と述べています。

Castillo氏はさらに、「不十分なセキュリティ対策は、潜在的な侵害、ユーザー資金の損失、評判の損害など、さまざまなリスクを引き起こす可能性があります。要約すると、監査なしで開始することは、非準拠のリスクをプロジェクトにもたらし、法的問題や金銭的な罰則を招く可能性があります。」と述べています。

さらに、ホワイトハッカーだけに頼ることは、プロフェッショナルな監査に通常関連付けられる責任と品質管理手段の不足をもたらす可能性があります。監査企業はセキュリティテストにおいて確立された方法論、標準、ベストプラクティスに従います。

彼らは業界の規制やガイドラインにも従い、プロジェクトのセキュリティ体制を一貫して厳格に評価します。対照的に、個々のホワイトハッカーによるアドホックな評価に頼ることは、一貫した方法論、実施レベルの違い、セキュリティ評価プロセスの潜在的なギャップが生じる可能性があります。

さらに、ホワイトハッカーの行動に関する法的な側面は曖昧な場合があります。多くのプロジェクトは責任ある開示を評価し、報酬を提供しますが、法的な影響は管轄区域やプロジェクトの方針によって異なる場合があります。

ホワイトハッカーは報酬を受け取る際に課題に直面することがあり、適切な認識や場合によっては法的な結果にも直面する可能性があります。明確な法的保護と明確に定義されたフレームワークがない場合、プロジェクトとハッカーの間に信頼と透明性の欠如が生じる可能性があります。

最後に、ホワイトハッカーだけに頼ることは、包括的な監査に比べて専門的な知識や視点の範囲が狭くなる可能性があります。監査企業はセキュリティテストに専門的な知識、経験、体系的なアプローチをもたらします。

彼らは個々のハッカーが見落とすかもしれない複雑な脆弱性や潜在的な攻撃経路を特定することができます。監査をスキップすることで、プロジェクトはシステムのセキュリティを損なう可能性のある重要な脆弱性を発見できないリスクを冒します。

Le氏は「適切なセキュリティ監査を行わずに暗号プロジェクトを開始し、ホワイトハッカーにのみ頼ることは、重大なリスクとデメリットを伴います。」と述べています。

レー氏は、経験豊富な専門家による適切なセキュリティ監査が「プロジェクトのセキュリティ状況を体系的かつ徹底的に評価する」と強調しました。これらの監査によって、見落とされる可能性のある脆弱性、設計上の欠陥、およびその他の潜在的なリスクが特定されるのです。

「これらの監査を怠ることは、ユーザー資金の損失、評判の損害、規制問題、さらにはプロジェクトの失敗など、深刻な結果をもたらす可能性があります」とレー氏は述べています。「包括的なセキュリティ対策と潜在的なリスクの緩和を確保するためには、バグバウンティプログラムと専門のセキュリティ監査の両方を組み合わせたバランスの取れたアプローチを採用することが不可欠です。」

最新: Animocaがブロックチェーンゲームに対して依然として楽観的であり、メタバースファンドのライセンスを待っています

セキュリティテストにおいてホワイトハットハッカーやコミュニティを参加させることは、貴重な洞察と貢献を提供するかもしれませんが、適切な監査なしにそれに完全に頼ることには重大なデメリットがあります。

それは悪用のリスクを増大させ、不完全または偏ったセキュリティ評価をもたらし、説明責任と品質管理が不足し、限られた法的保護しか提供しないばかりか、重要な脆弱性の見落としを引き起こす可能性があります。

これらのデメリットを緩和するために、仮想通貨プロジェクトは、信頼できるプロの監査人による包括的なセキュリティ監査を優先し、同時にバグバウンティプログラムや責任ある情報開示イニシアチブを通じてコミュニティのスキルと熱意を活用することができるでしょう。

この記事をNFTとして収集し、歴史の一瞬を保存し、クリプトスペースにおける独立したジャーナリズムをサポートしてください。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ニュース

暗号資産取引所ジェミニ、ヨーロッパ拡大の後、UAEでの運営ライセンスを求める

規制当局がVASPライセンスの申請を受け付け始めるにつれて、GeminiはUAE全体にビジネス提供を拡大しようとしています

ブロックチェーン

「暗号通貨取引所のKucoinは、大規模な人員削減の噂を否定し、会社は成長中であると述べる」

仮想通貨取引所のKuCoinは、30%の解雇の噂を払拭し、競争力の高い市場の要求に対応するために努力していると述べました

ブロックチェーン

「ビットコインの投機家は、88%のBTCバッグで損失を被っている」と研究結果

「ビットコイン投資家は、最新のBTCの価格の下落について意見が分かれています」

市場

日本の仮想通貨取引所、マージン取引で10倍のレバレッジを推進:ブルームバーグ

改訂されたマージントレーディングの上限を推進することで、機関投資家を含む多様なトレーダーを引き付け、市場流動性を高め...

ブロックチェーン

「ローガン・ポール、100万ドルの賭け提案でバックラッシュに直面」

人気YouTuberでありWWEスターであるローガン・ポールは、ディロン・ダニスとの試合の結果に対して100万ドルの賭けを提案した...

ニュース

Bittrexは、SECの訴訟を却下する動議を提出し、委員会がこの事件に対して権限を持っていないと主張しています

Bittrexの却下請求は、Coinbaseの以前の提出と同様であり、両者ともSECが権限外で運営していると主張しています