なぜフランスがヨーロッパの仮想通貨ハブとして浮上しているのか

フランスはなぜ仮想通貨のヨーロッパの中心地となっているのか?

マーケットインクリプトアセット(MiCA)規制の導入により、ヨーロッパの暗号通貨業界には統一的な方向性がもたらされました。暗号通貨資産は以前、国ごとに異なる規制フレームワークに苦慮する企業や投資家が存在するグレーゾーンにありましたが、MiCAは広範な調和を約束しています。

2024年末までに完全に実施される予定のMiCA規制は、Web3のシーンが進化し革新し続ける中で、政府、コミュニティ、プロジェクトの間のダイナミクスに影響を与え、推進します。MiCAの完全実施に向けて、EUは特に以下の理由でこの進歩的な動きの中心地として期待されます。

Ken TimsitはCronos Labsのマネージングディレクターです。

パリで最近開催された第6回目のEthCCは、MiCAの導入以来初めて開催され、今年のバージョンはフランスをWeb3企業の肥沃な土壌にするためのマクロン大統領の努力の急増とも関連して特に重要なものと感じられます。すでにCircle、Binance、Crypto.comをパリに拠点とするように鼓舞したフランスは、連携した規制機関、大規模な人材プール、健全な資本流入が国のWeb3産業の基盤を支え、グローバルな舞台での成長を牽引しています。

進歩的な規制環境

MiCAの導入以前から、フランスは暗号通貨規制に対して広く支持的で包括的で奨励的な態度を取ってきました。他の国がデジタル資産の規制を厳格化する中(一部は暗号通貨を禁止することさえあります)、マクロン大統領はこのセクターを受け入れました。

「2030年計画」として、フランスは未来の「ハイテクチャンピオン」を作成するために300億ユーロを投じることを約束しています。それに応じて、Web3は「逃すべき機会ではなく」、フランスが「ウェブの将来の世代のリーダーになるための試みの一部であるべきです。」マクロンが可決した最も有益な政策の中には、暗号通貨の利益に対する税制優遇措置や金融監視機関との簡素化された登録手続きが含まれます。

この柔軟な姿勢は、EUによるMiCAの投票の前にフランスが取り組みを緩和し、オペレーターが新たな欧州基準に協力するための時間を与えるために暗号通貨ライセンスへのアプローチを緩め始めたときに見られました。登録のための柔軟な二段階制度により、完全なライセンス取得の決定は登録された会社の裁量に委ねられます。

なお、これらの進展は、イギリスが暗号通貨を規制する計画を発表した時期と重なります。これは、欧州からの距離を置く意識的な動きを示し、米国の普及する敵意から離れることを意味しています。

MiCAが可決された際、フランスの最高金融監督機関であるAutorité des Marchés Financiers(AMF)は、合理的な暗号通貨の政策導入による競争力の向上と投資家保護の明白な利益を引用し、MiCAの新しいルールに基づいて登録された企業の承認を迅速に検討し始めました。

参考:SocGenがフランスの暗号通貨ライセンスを初めて取得

すべてが常に進歩している暗号通貨のような業界では、主要なプレーヤーは堅固な基盤を持つ場所に進出しようとするでしょう。フランスが常に進化する規制フレームワークを歓迎し、導入し、適応する準備ができていることは、業界のプレーヤーに既に注目されています。

活気あるWeb3コミュニティ

フランスがヨーロッパのWeb3の進展をリードする要因のもう一つは、非常にダイナミックなコミュニティとますます豊かになっている人材プールを持っている事実です。

パリブロックチェーンウィークからNFTパリ、最近終了したEthCCまで、フランスは幅広いセクターの方向性を示す多くのコミュニティ全体と業界をリードするイベントの場所です。これにより、地元のWeb3コミュニティ内でのアイデア、関係、活動が育まれることは避けられません。

フランスはまた、ブロックチェーンの才能を引きつけるトップの国の一つとしても浮上しており、国ごとのブロックチェーン開発者の数で世界第6位です。フランスは、既存の一流のエンジニアリングおよびテックの才能だけでなく、暗号通貨フレンドリーな管轄地に移住する才能の流入にも恩恵を受けています。

好ましい資金調達環境

フランスのWeb3における支配力の成長のもう一つの重要な要素は、好ましい資金調達環境です。フランスの暗号通貨は、フランスの広範なテックシーンから恩恵を受けており、2023年3月時点で32のユニコーン(最低10億ドルの評価を持つ非上場企業)が存在しています。

アメリカのベンチャーキャピタルが暗号通貨から撤退する中、フランスでは感情が再燃しているようです。数字的には、2023年第1四半期におけるフランスのベンチャーファンディングのペースは鈍化しましたが、全体的には大型の取引が行われています。

特に暗号通貨に関しては、2017年以来約13億ユーロがブロックチェーンプロジェクトのために集められており、減速の兆候は見られません。昨年、Cathay Innovationと暗号通貨ウォレットのスタートアップ企業であるLedgerは、Web3に特化した早期段階ファンドを立ち上げるためにパートナーシップを組み、目標規模は1億ユーロとなりました。これは、フランスで初めてセクターに特化したファンドです。最近では、フランスの文化省が仮想環境での「フランスの文化的主権」を促進するために1億5000万ユーロを拠出しました。

これらの投資は、フランスの資本市場の頑強さと豊富さを物語っています。暗号通貨の冬にもかかわらず、フランスは強靭で豊かな状態を維持しています。

今後の展望

世界各地の異なる地域がテクノロジーと暗号通貨の競技場で存在感を示そうとする中、それぞれが注目を集める必要があります。文化の中心地であるフランスもその点で取り残されたくありません。多くの人々は緩い税制のためにポルトガルに魅力を感じましたが、フランスは常にある一定のタイプの若くて飢えた開発者を引きつける他の魅力も持っています。しかし、この業界が真に繁栄するためには、政府とWeb3コミュニティが必然的に協力する必要があります。

参考: Crypto Hubs 2023: 自由に生活しスマートに働く場所

今後、フランスは継続的な活力と適応力を見せ、ブーミングするヨーロッパの暗号通貨エコシステムの欠かせない柱として強固さを見せることが予想されます。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

「FASBが暗号通貨保有に対する新しい会計基準を承認」

アメリカの金融会計基準委員会(FASB)は、暗号通貨保有の開示に関する新しい会計基準を全会一致で承認しました詳細は以下を...

ブロックチェーン

パンテラキャピタル:ビットコインはハルビング前に35,000ドルに達し、その後148,000ドルになる見込みです

パンテラ・キャピタルは、最近のXRPの判決、ブラックロックETFの可能性、そして次のビットコインのハーフェニングが価格を急...

市場

ビットコイン(BTC)および広範な仮想通貨市場は、Binanceに対するSECの訴訟に続いて大幅に下落しました

SECがBinanceに対する行動を起こした後、ビットコインと広範な暗号市場が急落しましたアルトコインは7〜8%の大幅な修正に直...

ブロックチェーン

リップルはSECに対して「大きな勝利」を収め、米国の裁判官がXRPが「セキュリティではない」と判断しました

XRPは、米国の裁判官がセキュリティではないと判断したことにより、本日ほぼ倍の価値になりましたCoinbaseは、木曜日にXRPの...

ブロックチェーン

価格分析9/1:BTC、ETH、BNB、XRP、ADA、DOGE、SOL、TON、DOT、MATIC

「仮想通貨のブルたちは今週の上昇相場を維持することができず、範囲の下限までの下落は市場が過去最低のボラティリティ期に...