AppleがARスタートアップのMiraを買収、Vision Proヘッドセット発売の翌日に

テック・ジャイアントのアップルは、待望のミックスリアリティ・ヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表した翌日、ロサンゼルスに拠点を置くARスタートアップのMiraを買収したことを確認した。6月7日水曜日、MiraのCEOのプライベートアカウントからの投稿を引用したThe Vergeが最初にこのニュースを報じた。

アップルのMiraへの関心

その後、アップルも買収に関するニュースを確認した。ロサンゼルスに拠点を置く拡張現実(AR)スタートアップのMiraは、異なる産業や米国軍に向けたヘッドセットを製造している。アップルがMira買収にいくら支払ったかは不明だ。このARスタートアップは、今までに総額1700万ドルの資金を調達している。

問題に詳しい情報筋によると、アップルの元デザインチーフのJony Iveは、ある時点でMiraのアドバイザーだったという。アップルは買収について詳細を明らかにしなかったが、The Vergeに対して声明を出し、「アップルは時折、規模の小さいテクノロジー企業を買収することがあり、私たちは通常、目的や計画については話しません」と述べた。

また、アップルの買収後のMiraの将来についても明確ではない。アップルがMiraの軍事契約を継続するかどうかも不明だ。アップルの運営方法を考慮すると、このような契約を継続する可能性は低い。

Mira CEOのBen TaftのInstagramアカウントの非公開投稿によると、アップルは少なくともMiraの従業員11人を買収の一環として採用した。Taftは投稿のキャプションで、「アップルでMiraの次の章を待ち遠しく思っています。寮からの7年間の旅路を経て、買収に至りました。」と書いている。

Miraのヘッドセットと契約

新しく発表されたミックスリアリティ・ヘッドセット「Apple Vision Pro」は、カスタマイズされたバーチャルリアリティに向けた革新的な機能が詰め込まれている。一方、Miraのヘッドセットは、産業用途に特化している。

Miraのヘッドセットの現在の使用例には、鉄鋼、化学、食品製造、防衛、鉱山サービスなどがある。Miraは、小規模な米空軍と702,351ドルの米海軍との契約を含む軍事契約を締結している。空軍の契約により、トラビス空軍基地の軍用パイロットは、MiraのPrism Proヘッドセットを使用して、装備の説明やその他の関連情報を表示できる。

同社は自社ウェブサイトで、「Miraは、市場で最もスケーラブルな拡張現実ハードウェア+ソフトウェアソリューションを構築し、フロントラインの労働力に最も必要なコミュニケーションツールや情報を提供します。」と説明している。

さらに、MiraのARヘッドセットの他の主要な実装例は、ユニバーサル・スタジオのニンテンドーワールド・テーマパークにある。Miraは、日本とLAのユニバーサル・スタジオのテーマパークのマリオカートライドにそのヘッドセットを統合するために、ニンテンドーワールドと重要な契約を締結している。これらのヘッドセットは、ライダーがアトラクションを進めるにつれて、ゲームからの仮想キャラクターやアイテムを表示することによって没入体験を提供する。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

「中国は仮想通貨禁止にもかかわらず、バイナンス取引所の主要市場」というタイトルの記事があります

「主要な禁止措置が存在するにも関わらず、Binanceは中国での主要な仮想通貨取引所として深い関係を維持しています」

ブロックチェーン

「eToro、CySEC CASP登録の下でEUで暗号関連サービスの提供を認可される」

「2024年12月にEUのMiCA規制フレームワークが発効した後、eToroはクロスボーダーの暗号通貨サービスを提供することができるよ...

ニュース

INXとRepublicは、暗号通貨の利用向上およびトークン化の拡大に向けたブロックチェーンインフラストラクチャの開発に取り組むためのパートナーシップを結びました

INXとRepublicは、両社のエコシステムにTradFiとDeFiを統合し、トークン化アクセスとグローバル市場取引の拡大を図ります

ブロックチェーン

「Coinbaseの仮想通貨先物承認は大きなニュースと見られている」

仮想通貨業界の多くの人々にとって、この承認は、取引所と米国証券取引委員会(SEC)の間の法的闘争が続く中で、会社と広範な...

市場

SECが米国証券規則の違反でBinanceを訴え、取引所が反論

バイナンスは、SECの行動を真剣に受け止めているが、法廷で自らの立場を「激しく」弁護すると述べた

ブロックチェーン

「FTXがサラメダの元従業員を訴え、1億5700万ドルを回収しようとする」

「破産した仮想通貨取引所FTXは、香港拠点の関連会社Salamedaの元従業員を提訴し、1億5730万ドルの回収を目指しています」