クリプトハックと悪用により、2023年第2四半期に300万ドル以上が奪われる:報告書

2023年第2四半期、ブロックチェーンセキュリティ企業CertiKによる四半期報告書によれば、デジタル資産の約3億ドル以上が暗号ハックや悪用によって失われました。

報告書によると、この四半期には合計212件のセキュリティインシデントが発生しました。CertiKは、これらのインシデントにおいて、悪意のある行為者がWeb3プロトコルから合計3億1356万6528ドルを抜き取ったと述べています。2022年第2四半期の7億4500万ドルに比べて、失われた金額は58%減少したとセキュリティ企業は指摘しています。

2022年に比べて記録された総額は低いですが、2023年第2四半期では出口詐欺による損失が増加し、約7000万ドルに達しました。これは第1四半期の類似の詐欺からの損失のほぼ2倍です。

一方、フラッシュローンとオラクル操作の悪用による損失は、2023年第2四半期において第1四半期と比べて劇的に減少しました。第1四半期には合計52件のオラクル操作攻撃があり、約2億2200万ドルの損失が発生し、悪名高いEuler Financeのハックがそのうちの85%を占めていました。

第2四半期には合計54件のフラッシュローンとオラクル操作の攻撃があり、約2300万ドルの損失が発生し、第1四半期に比べて89%減少しました。

関連記事: Poly Network、57種類の暗号資産が影響を受けた悪用後にユーザーに引き出しを促す

CertiKはまた、同社が分析したすべてのブロックチェーンの中で、BNBチェーンが最もインシデントが多く発生し、119件のインシデントによって7071万1385ドルの損失が発生したことを強調しています。2位はEthereumで、55件のインシデントによってハッカーが6599万9953ドルを入手しました。

一方、PeckShieldの報告書によれば、盗まれた非代替トークン(NFT)の半数が悪意のある行為者によって盗まれてから3時間以内に売られていることが示されており、ハッカーはNFTの窃盗後、すぐに盗んだ利益を売却していることがわかります。

雑誌: 暗号プロジェクトはハッカーと交渉すべきか?おそらく

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

「ビットコインが2万5000ドルになると、割引か災害か?」

「Cointelegraphの専門家であるマルセル・ペチマンが、ビットコインが最近25,000ドルを下回ったことと、それが近い将来に示す...

ブロックチェーン

ビットコインを担保にした不動産投資が、ケイマン諸島での居住権取得の新たな手段となる

ビットコイン金融サービス会社のLednは、Parallelと提携し、ビットコイン保有者がケイマン諸島の不動産に投資し、居住権を取...

ブロックチェーン

「Matrixport、ビットコインに対して好感触、タイトなストップロスを設定しています」

「トレーダーは、ストップロスについて話し合う際に、マトリックスポートのマルクス・ティーレン氏は、$25,800を下回る可能性...

ブロックチェーン

弁護士が、コインベースの事件の影響を受けながら、リップルとSECの和解の道筋を説明する

「XRP支持派の弁護士ジョン・デイトン氏が、リップルとSECの和解に向けた潜在的な手順を説明する」

ビットコイン

ジャック・ドーシーがバックアップするビットコインウォレット、BitkeyがCoinbaseとCash Appと連携することを発表

親会社であるブロックによると、パブリックベータテストは数週間後に開始されます

ブロックチェーン

「ファーストムーバーアメリカ:暗号通貨の取引量が4年ぶりの最低水準に」

「2023年9月7日の仮想通貨市場の最新の価格動向についての文脈」