五つの米国機関が手を結んで、暗号資産犯罪対策タスクフォースを設立

最近何ヶ月かにわたり、いくつかの米国機関が広範な暗号通貨市場に取り組んでいます。最新の動向として、5つの米国執行機関がデジタル通貨やダークネットに関連する犯罪に対する協力を発表しました。6月20日火曜日、ダークネットマーケットプレイスおよびデジタル通貨犯罪タスクフォースが公式発表しました。この新しい組織は、特にマネーロンダリング、麻薬密売、児童虐待、および個人情報の窃盗を含む「暗号通貨を可能にした犯罪」に対処します。

先週、ホームランドセキュリティ調査局(HSI)アリゾナ、米国検察庁、内国歳入庁刑事捜査、麻薬取締局、および郵便検査サービスなどの代表者が集まり、新しいタスクフォースの設立に合意するために契約書に署名しました。この新しく設立されたタスクフォースは、国際的に活動します。ホームランドセキュリティ調査局は既に、56か国にわたる93か所に及ぶ活動範囲を持っています。

これらすべての機関は、2017年の暗号通貨ブルラン中に協力して取り組んできました。公式発表文には次のように記載されています。

「ダークネットマーケットプレイスおよびデジタル通貨犯罪タスクフォースの使命は、ダークネット上で匿名性の外見を悪用した犯罪組織やデジタル通貨を利用して犯罪活動を容易にする組織を妨害し、撤廃することです。」

暗号通貨に対する法執行の取り組み

長年にわたり、世界中の法執行機関は、市場における増加する暗号通貨に関連する詐欺行為に対抗するため、特殊なタスクフォースを結成しています。去年の2022年10月、世界最大の警察機関であるインターポールは、シンガポールに特別チームを設置して、仮想資産を巡る犯罪に対するグローバルな政府の取り組みを支援することになりました。

一方、カナダの各地の警察も地域のタスクフォースを設立し始めています。米国では、連邦捜査局は2月に仮想資産の搾取ユニットを設置し、司法省の国家暗号通貨執行チームと協力するために設立されました。さらに、証券取引委員会は、昨年、サイバー部門を大幅に拡大しました。

法執行機関は、膨大なリソースを持っています。Chainalysisによると、違法活動から得た大量の暗号通貨を保有する個人が4,000人以上おり、暗号通貨に関連するフィッシング攻撃は40%増加しています。しかし、法執行の取り組みがポジティブな結果を生んでいることが証拠があります。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

ビットコインの強気シグナル:取引所のネットフローがマイナスのままです

データによると、最近、ビットコインの交換ネットフローはマイナスの値のままですこれは資産にとって有利に働く要素となる可...

ビットコイン

目立たないブルシッシュなビットコインの移動平均線クロスオーバーが間近に迫っている

しかし、今日は代わりに目立たないビットコインの移動平均線クロスオーバーに注目してみましょう

市場

ファーストムーバーアメリカ:Bitcoin Cashが10%以上上昇

2023年7月6日の仮想通貨市場の最新価格動向に関する情報

ブロックチェーン

「仮想通貨の開発者は、5年から10年の間は米国の顧客に対するサービスを諦めるべきだ」と、dYdXの創設者が主張しています

アントニオ・ジュリアーノは、仮想通貨がより「大規模な利用を持つ製品」を必要としていると述べ、これはスタートアップ企業...

ブロックチェーン

Netflixは、AIを搭載したグリーンスクリーンによるVFXプレイを導入します

NetflixはAIを利用したAIパワードグリーンスクリーンを導入しており、人工知能の利用がますます広がっています一方、AltSigna...

ブロックチェーン

「Solana(SOL)が重要なレベルを突破しましたが、ブルたちはそれを活用できるでしょうか?」

金曜日にSolana(SOL)価格が再び20ドルを突破し、主要な需要ゾーンからの回復を増やしましたしかし、ブルたちは利益を得るこ...