グレースケール・ビットコイン・トラストのディスカウント率が2022年5月以来の最低値に縮小しました

The discount rate of Grayscale Bitcoin Trust has reached its lowest level since May 2022.

グレイスケール・ビットコイン信託(GBTC)の純資産価値(NAV)に対する割引率は、資産運用会社ブラックロック(BLK)がアメリカでの現物ビットコインETFの開設を申請したことを受けて、縮小し続けています。

割引率は昨年末にはほぼ50%まで膨れ上がり、2023年の大半を40%前後の範囲で推移していましたが、ブラックロックが6月中旬に米国証券取引委員会(SEC)に申請を行ってから急速に縮小傾向を示しました。先週一時的には26%まで低下し、2022年5月以来の最も締まった水準となっており、Ychartsのデータによると現在は約27%です。

ブラックロックによる現物ビットコイン(BTC)ETFの動きにより、他の業界関係者からも同様のファンドの提出や再提出が相次いでいます。その中には、同じく資産運用大手のファイデリティからの提出も含まれています。これらの強力なプレーヤーによる動きにより、SECが数年にわたる拒否の後、ついに現物ビットコインETFの承認を行う可能性が高まっています。

それに伴い、大幅に割引されたGBTCの買い手が増えています。グレイスケールは約2年前に現物ビットコインETFへの変換を申請しましたが、その中にはSECによる拒否の一環も含まれており、同社は当局に対して訴訟を起こしました。判決は第3四半期の終了時までに予想されています。

グレイスケールの弁護士は月曜日にその訴訟に追加の主張を行い、SECが6月下旬にレバレッジされたビットコイン先物ベースのETFを承認したことを指摘しました。これは以前に承認されたビットコイン先物ETFよりも「より危険な」製品です。

現在、現物ビットコインETFのSEC承認に対する楽観論が高まっていますが、引き続き投資家の注意が必要かもしれません。「ブラックロック[現物ビットコインETF]の提出を見たときに、本当に笑いました」とOpimasのCEO兼創設者のOctavio MarenziはCoinDesk TVの月曜日の朝に出演し、「その取引所がSECから訴訟を受けている中でCoinbase(COIN)を暗号通貨の保管業者として使用しようとしていることに注目しました。」と述べました。

グレイスケールとCoinDeskはいずれもDigital Currency Groupの所有です。

編集:Stephen Alpher

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

「KresusはPolygonエコシステム向けのdAppマーケットプレイスを開始する」

暗号ウォレットおよびNFTスーパーアプリのKresusは、公式にKresus Marketplaceを開始しましたこのプラットフォームは、Polygo...

ブロックチェーン

韓国のイベント企業Dreamus、アバランチベースのNFTチケットを発表

韓国のエンターテイメント・イベント企業であるドリーマスは、SKプラネットのOKキャッシュバッグのロイヤリティリワードアプ...

ブロックチェーン

元FTX幹部のライアン・サラメが刑事訴追で有罪を認める

元FTX幹部のライアン・サラメは、廃止された取引プラットフォームにおける役割に関与した犯罪容疑について有罪を認めました

ブロックチェーン

安定したトレード?ドルコスト平均法を用いるビットコイントレーダーは利益を上げています

購入したBitcoinの加重平均コストは、すべての長期保有者が利益を上げるポイントに達しました

ブロックチェーン

不正行為からの暗号通貨の押収を目的とした法案が英国で可決

「イギリスの貴族院は、経済犯罪と企業の透明性に関する法案を最終承認の段階まで進めました」