2023年のイニシャルコインオファリング(ICO)今、購入するのに最適な暗号通貨ICOは何ですか?

仮想通貨市場が進化し成熟する中で、多くの投資家が大きなリターンを提供する可能性のある次の大きな初期コインオファリング(ICO)を探しています。しかし、常に新たなICOが登場する中で、どれが投資に値する最高の暗号ICOなのでしょうか?この記事では、約束のある14の厳選されたICOを紹介します。AIをベースにしたプロジェクトからレイヤー1のソリューションまで、目に留まるものが見つかるでしょう。

コインリスト

  1. Chancer (CHANCER)
  2. Shiba Memu (SHIBA MEMU)
  3. AltSignals (ASI)
  4. Metacade (MCADE)
  5. ALINK AI (ALINK)
  6. Vivi (VIVI)
  7. OptionBlitz (BLX)
  8. ASTL (ASTL)
  9. Kryptview (KVT)
  10. Minima (WMINIMA)
  11. Brickken (BKN)
  12. EasyFeedback (EASYF)
  13. WeSendIt (WSI)
  14. Mintera (MNTE)

1. Chancer (CHANCER) — 賭博業界の革命

Chancerとは何ですか?

Chancerは世界初のブロックチェーンベースの分散型予測市場アプリです。Chancerは、ブックメーカーやハウスの必要性を完全に排除することで、賭博業界を革命しようとしています。Chancerは、人々がピアツーピア(P2P)で賭けをすることを可能にする賭けの仲介者ですので、オッズは平等であり、ユーザーに不利な条件になることはありません。友人との小さな賭けから、スーパーボウルやオスカーなどの大規模なイベントに対するバイラルな賭けまで、どんな種類の賭けでも行うことができます。伝統的なブックメーカーとは異なり、賭けはスポーツに限定されません。

すべての賭けと払い戻しは、ChancerのネイティブトークンであるCHANCERで行われます。さらに、ユーザーはプラットフォームを使用して賭けをするだけでCHANCERを獲得することができます。これにより、ユーザーには収益を得る絶好の機会が提供されます。報酬はそれで終わりません。ユーザーは賭けに割引を受けることもできますので、頻繁に賭けをする人にとっても費用効率が良くなります。

CHANCERは、Chancerのプラットフォーム全体を支えるトークンとして非常に有用です。昨年、賭博業界の規模は驚異的な640億ドルに達しましたので、Chancerが賭け主体を最優先にした民主的で分散化されたプラットフォームを通じて市場を変革し、それなりのシェアを獲得する可能性が本当にあると言えます。これにより、Chancerは賭けと暗号通貨の愛好家の両方にとって、大いにポテンシャルを持つ素晴らしい投資対象となります。

>>> Chancerの購入方法を含む、詳細な情報はこちらから ご覧いただけます <<<

2. Shiba Memu (SHIBA MEMU) — 実用性を持つミームコイン

Shiba Memuとは何ですか?

Shiba Memuは、かわいい日本の柴犬をベースにした全く新しいミームコインです。しかし、見た目の可愛さに騙されてはいけません。このコインにはマーケティングのパワーハウスがバックについており、リアルタイムで100以上のマーケティングエージェンシーの仕事を行います。ブロックチェーンとAI技術の力を利用してマーケティングを変革し、マーケターの時間を節約し、彼らの努力を他の場所に集中させることを目指しています。

Shiba Memuは成功したマーケティング戦略から学び、独自のPRを作成し、関連するフォーラムやソーシャルネットワーク上で自己を宣伝します。AIが継続的に分析するデータに基づいてコンテンツを生成し、これを複数のオンラインプラットフォームに公開します。その後、マーケティングの成功を監視し分析し、結果を最適化するためにコンテンツを常に学習し改善します。

Shiba Memuは、かわいくて面白いミームになることは間違いありません。しかし、他のミームコインとは異なり、初期の興奮に頼っているだけで、長期的な利用価値がないために価値が急落することはありません。SHIBA MEMUは、Shiba Memuプラットフォーム全体を支えるトークンとして固有の実用性を持っています。ミームファンや長期的なリターンを求める暗号通貨愛好家は、Shiba Memuを検討すべきです。

>>> Shiba Memuの購入方法を含む、詳細な情報はこちらから ご覧いただけます <<<

3. AltSignals (ASI) – AIを活用してトレーディング業界を変革する

AltSignalsとは?

AltSignalsは、自身を業界のリーダーとして確立したトレーディングシグナルプロバイダーです。2017年に立ち上げられたAltSignalsは、1,400人以上のVIPサブスクライバーに対して、外国為替、仮想通貨、株式市場で1,500回以上のコールを発行し、平均的な正確度は64%です。毎月一貫して優れたリターンを生み出しており、2021年2月のBinance Futuresシグナルは2,163%のリターンと90%の勝率を記録し、1月は2,480%のリターンと92%の正確度を達成しました。

AltSignalsの信頼性の高いTrustpilotスコアもこれらの結果を裏付けています。ほぼ500件のポジティブなレビューを獲得し、平均的な星の評価は4.9/5です。これは、AltSignalsの高度なトレーディングプロフェッショナルチームと最先端のAltAlgo™インジケーターによって可能になりました。AltAlgo™は、34以上のフィルターと戦略を組み合わせて、AltSignalsチームが最適なトレーディング機会を判断するのに役立ちます。

現在、AltSignalsは次のステップに進む準備ができています。ASIトークンを発行し、ActualizeAIアルゴリズムの開発を資金化します。これにより、プラットフォームの正確度を80%以上に引き上げると同時に、投資家に素晴らしい利益を提供することを目指します。このAIスタックは、機械学習や自然言語処理などのAI技術の最新の進展を活用して、既存のAltAlgo™アルゴリズムをアップグレードします。

ASIを所有することで、潜在的な投資家はActualizeAIアルゴリズムのシグナルに独占的にアクセスすることができ、金融市場で他の人に対して優位性を持つことができます。20,000個以上のASIトークンを購入すると、シグナルへのライフタイムメンバーシップが提供され、既存のAltAlgo™シグナルサービスに無料でアクセスすることができます。

ASIはまた、投資家がAI Members Clubに参加する資格を与えます。このクラブでは、メンバーがAltSignalsとActualizeAIアルゴリズムの将来を形作るのに役立つことができます。メンバーとして、フィードバックやアイデアを提供し、プラットフォームの開発に貢献することができ、報酬として追加のASIトークンを獲得することができます。これらのトークンは、AltSignals AIエコシステムのさらなる機能を解除するためにメンバーシップレベルをアップグレードするために蓄積することもできますし、将来の利益の可能性のために保持することもできます。

最後に、ASIはガバナンストークンとして機能し、保有者がプラットフォームへの変更を提案し、将来のアップデートについて決定することができます。この直接的なコミュニティの関与により、トレーダーたちがサービスを利用する際にプラットフォームの目標と価値観が一致することが確保されます。ローンチからわずか2日で12万ドルの資金調達を達成したAltSignalsは、大きな成果を目指す準備ができた暗号プロジェクトと言えます。ASIトークンのプレセールを見逃すわけにはいきません!

>>> AltSignalsの詳細情報や購入方法はこちらからご覧いただけます こちら <<<

4. Metacade (MCADE) – プレイ・トゥ・アーン運動において重要な役割を果たす

Metacadeとは?

Metacadeは、イニシャルコインオファリングによってゲームフィ業界を揺るがすプレイ・トゥ・アーン(P2E)コミュニティハブです。これは、ゲーマー、仮想通貨愛好家、開発者が協力し、急速に拡大しているP2Eゲームの世界を探求できるオールインワンのソリューションです。ゲームハブに期待されるサブコミュニティ、リアルタイムのインタラクションスペース、ゲームのリーダーボードなど、すべてを備えていますが、ブロックチェーン技術の力を活用して次のレベルに引き上げています。

例えば、P2Eのトップマインドをプラットフォームに集めるために、MCADEトークンでレビューやヒントなどの有益なコンテンツを共有する人々に報酬を与えます。上級プレイヤーは、他の人々がGameFiのエッジを見つけるのを助けることで収益を得ることができます。一方、P2Eスペースに新しいプレイヤーは、プレイしている新しいタイトルについての意見を共有することで別の収入源を開拓することができます。

また、定期的なトーナメント、景品抽選、コンテストの計画もあり、ゲーマーは他のコミュニティメンバーと一緒に運を試すことができます。Metacadeは、2024年にはジョブ・ギグボードを導入する予定で、ユーザーはカジュアルなゲームテストの仕事からWeb3やゲーミングリーダーとの正規の給与付きのポジションまで、さまざまな役割を見つけることができます。

最も興奮しているのは、MetacadeがMetagrantスキームを導入することです。Metagrantは、P2E業界の未来を形作る上で重要な役割を果たすことが期待されています。コミュニティは、最高のP2Eタイトルに資金を投票し、指示することができます。

開発者は、競合提案のプールに自分のアイデアを提出し、MCAD保有者が最も好きなものに投票します。勝者はMetacadeの宝庫から資金を受け取り、最終的なゲームはプラットフォームの仮想アーケードに追加され、誰でもログインしてプレイできるようになります。これにより、ユニークなコミュニティの関与感が生まれるだけでなく、P2EゲーマーにとってMetacadeを一家に名前にする可能性もあります。

>>> Metacadeの購入方法を含む詳細な情報は、こちらでご覧いただけます <<<<

ChatGPTなどのAIアプリケーションの台頭に続いて、新しいAIベースの暗号プロジェクトやトークンセールが最近登場しました。その中でも最も優れたAI ICOキャンペーンの1つがALINK AIです。これは、AIサービスのオールインワンマーケットプレイスで、インターネット接続があれば誰でもブロックチェーンベースのマーケットプレイスで人工汎用知能(AGI)に関連するサービスのリクエストや提供ができます。

これらのサービスには、簡単な音声や画像生成から複雑な予測モデル構築、業界固有のソリューションまでさまざまなものがあります。開発者は、他のALINKネットワークの要素と対話する自己統治型AIソフトウェアを起動して収益化することさえできます。

ALINKにはデータマーケットプレイスも組み込まれており、データの販売や取引が行われます。データプロバイダーは、マーケターやデータアナリスト、研究会社などにデータを販売することで情報を収益化することができます。AIソリューションに供給するためのデータの需要が増えるにつれて、ALINKはデータを持っている人と必要とする人の間に仲介役として立ちます。

このプラットフォームでは、独自のデジタルトークンであるALINKを使用して、マーケットプレイスで資金を調達し、ユーザーにALINKのサービスを提供し改善するようインセンティブを与えます。AIトークンはまだ主流の暗号空間に進出していませんが、ALINKは新しい有望な暗号通貨であり、今投資するのに最適な暗号ICOの1つです。

6. Vivi(VIVI)- 報酬がもらえる分散型短編動画共有

Viviとは何ですか?

Viviは、クリエイターが短い動画を共有し、報酬を得ることができる分散型プラットフォームです。同時に、視聴者にはSNSで過ごした時間を報酬化する手段が提供されます。分散構造を活用したViviは、ユーザーのプライバシーとセキュリティを確保しながら、報酬の公正な分配を促進します。

Viviは分散型のTikTokに似ています。ユーザーはメイクアップや料理のチュートリアルなどの短い動画を投稿することができ、中央集権的なSNSプラットフォームから離れつつ、自分のスタイルを維持することができます。

Viviの特徴の1つは、非代替可能トークン(NFT)グラスの使用です。ユーザーは登録時に無料のNFTグラスを受け取り、それを使用してVRVの報酬を得ることができます。プラットフォーム上で動画を視聴し続け、相互作用することでVRVを獲得し、そのVRVをプラットフォームのガバナンストークンであるVIVIと交換することができます。VIVIを使用することで、グラスをアップグレードし、視聴時間にさらに多くのVRVを獲得することができます。

メインのViviアプリの他にも、Vivi Live、Vive Spot、Vivi Academyという各々がライブストリーミング、スポーツ、教育のニッチに特化したものがあります。暗号業界でWeb3の主要な分散型ショートビデオプラットフォームになる可能性を秘めたViviは、間違いなく検討に値するトークンセールです。

7. OptionBlitz(BLX)- ユニークな分散型デリバティブ取引プラットフォーム

OptionBlitzとは何ですか?

OptionBlitzは、Ethereumのレイヤー2スケーリングソリューションであるArbitrum上に構築された分散型取引プラットフォームです。特にオプション取引に特化しています。Arbitrumを使用することで、取引の決済時間を高速化し、トレーダーにほぼゼロコストで完全な分散化を維持します。OptionBlitzのホワイトペーパーでは、スリッページとスプレッドがゼロであることも約束しています。

他の分散型取引プラットフォームと同様に、OptionBlitzでは、トレーダーが自身のUSDCを流動性プールにロックして、他のトレーダーの取引を容易にする代わりにプラットフォームの収益の一部を受け取ることができます。OptionBlitzは、デジタルオプション、クラシックオプション、およびTurbosの3つの異なる製品をトレーダーに提供しており、Turbosはその200:1のレバレッジオファリングであり、永続的な先物取引の次のステップとなる可能性があります。

提供している市場は暗号通貨に限定されていません。トレーダーは、最大の精度を確保するためにChainlinkの分散型オラクルを使用して価格が決定される、外国為替、商品、エネルギー市場の商品にアクセスすることができます。そのオプションは非常に柔軟で、10秒から24時間の満期時間を持っています。

全体として、OptionBlitzは非常に革新的な提案で他のICOとは一線を画しています。最も先進的な分散型デリバティブプラットフォームになる潜在力は過小評価できず、現在購入するのに最適な暗号通貨のプレセールの一つです。

8. ASTL (ASTL) – ASTLで資金を調達しパッシブインカムを生成する

ASTLとは何ですか?

ASTLは、AI技術と暗号通貨マイニングを組み合わせ、銀行が提供する利回りを大幅に上回るリターンをユーザーにもたらすことを目指すパッシブインカム暗号通貨プロジェクトです。ASTLは、環境に優しいエネルギーで動作し、AIを活用して最大の利益をもたらす最高のトークンをマイニングするための暗号通貨マイナーのフリートを使用しています。

投資家は単に選んだASTLトークンの数を購入し、その後、購入に比例したUSDTの報酬を受け取ります。ASTLのマイニングの多様性により、これらのリターンは11% APYにまで上がることがあり、ユーザーが十分なトークンを購入すれば毎日支払われることができます。

実質的には、投資家がASTLを購入すると、プロジェクトのマイニングフリートの計算能力の一部を購入することになります。通常のクラウドマイニングサービスとは異なり、ASTLからのリターンは暗号通貨市場の現在の出来事によって変動しません。主な違いは、変動しない安定したリターンを約束するということです。現在トークンのオファリングが進行中のASTLは、パッシブインカムに焦点を当てたICOに投資する場合に検討すべきです。

9. Kryptview (KVT) – ユーザーフレンドリーなプラットフォームで先駆的なリサーチを行い収益を得る

Kryptviewとは何ですか?

Kryptviewは、トークンや他の暗号通貨に関するコミュニティのリサーチと情報共有に独自のアプローチを提供するブロックチェーンベースのプラットフォームです。Kryptviewは、ユーザーが最新の暗号通貨に関する詳細な基本分析を生成することで報酬を得ることができるピアツーピアモデルを採用しています。収集されたデータは自動的に構造化され、コミュニティによってレビューされ、プラットフォームに投稿され、すべてのユーザーが利用できるようになります。

このプラットフォームには、暗号通貨プロジェクトのチーム、競争、持続可能性、コミュニティなど、さまざまな領域にスコアを割り当てるための組み込みの基本分析ツールがあります。Kryptviewのユーザーによって生成されたレビューは、特定のトークンに対する総合的なスコアを構築するために使用され、どの暗号通貨プロジェクトが購入する価値があるかを一目で把握することができます。

Kryptviewの報酬モデルはシンプルですが効果的です。アナリストは、彼らの貢献の品質に基づいてランク付けされるため、ランクアップすることで分析を共有する際により多くの報酬を得ることができます。一方、レビューアは、研究のレビューとスコアの検証に対してKVTトークンを獲得することができます。貢献者はポートフォリオを投稿し、市場を上回る場合にKVTを獲得することができます。その結果、多くの見込み投資家によってKryptviewの近日開催予定のICOが待ち望まれています。

10. Minima (WMINIMA) – 自由を重視したモバイルベースのブロックチェーン

Minimaとは何ですか?

Minimaは、レイヤー1の暗号通貨スペースに参入した最新のICOプロジェクトの一つです。その目標は、モバイルとインターネット・オブ・シングス(IoT)デバイスによって駆動される世界初の完全に分散化されたネットワークになることです。Minimaは、できるだけ多くの参加者がアクセスできるように設計されており、モバイル電話とインターネット接続があれば誰でもMinimaノードを実行できます。

Minimaは、ユーザーが制約や検閲なしに集まり、制限なく創造することができるネットワークを構築することを核としています。他の主要なレイヤー1ネットワークと同様、カスタムトークン、NFTプロジェクト、分散型アプリケーション(dApps)を誰でも起動できます。Minimaはまた、自動車、通信、ファイル共有業界の企業との提携を計画していると主張しています。

ネットワークの需要が高まる時期には手数料が発生しますが、これらの手数料は燃やされず、硬制限された総トークン供給から取り除かれます。これにより、MNIMAはデフレーション型トークンになります。Minimaのプレセールは、EthereumネットワークとインターフェースするMINIMAのバージョンであるWrapped Minimaのためです。

11. Brickken (BKN) – 伝統的な企業の資金調達に挑む

Brickkenとは何ですか?

Brickkenは、企業がセキュリティトークンを使用してビジネスをトークン化し、資金調達をするためのブロックチェーンベースのプラットフォームです。そのビジョンは、グローバルな資産所有者が分散型の資金調達モデルを利用し、企業や投資家に収益の機会を提供することです。企業は株式の発行やIPOを経る代わりに、中間業者なしで資金調達するためにセキュリティトークンオファリング(STO)を行うことができます。

資産トークン化は、最近の仮想通貨投資家の間で注目のトピックです。Brickkenは、誰でも自分の資産をブロックチェーン上に配置するためのツールと技術を提供することを目指しています。これにより、Web2とWeb3のギャップが埋められます。特に中小企業(SME)にとっては、ベンチャーキャピタルからしか資金を調達できないことが多いため、BrickkenはこれらのSMEに対して広大な小売投資家市場へのアクセスの機会を提供します。

Brickkenは、厳格なKYC(顧客対応プログラム)とマネーロンダリング防止チェックを通じて、すべての投資家と証券発行者が規制要件を満たしていることを確認しながら、スマートコントラクトによって駆動される独自のdAppを使用してトークン証券を発行・管理します。プロジェクトのネイティブデジタルトークンであるBKNは、Brikkenのエコシステムにおいて投資を行うためやSTOを発行するために使用されます。

12. EasyFeedback(EASYF)- ユーザーにフィードバックで報酬を提供する

EasyFeedbackとは何ですか?

EasyFeedbackは、ブロックチェーン技術を使用して世界初のフィードバック報酬プロトコルを作成する企業です。2015年に設立されたEasyFeedbackでは、誰でも無料で提案、祝福、質問、苦情、クレームを世界中の企業に送ることができます。個別の会社に適応可能なテンプレートのスイートを提供し、フィードバックは直接企業のトップに送られます。

EASYFトークンを使用することで、企業や機関にフィードバックを送るユーザーは、フィードバックの有用性に基づいて報酬を受け取ることができます。これらのEASYFトークンは、EasyFeedbackマーケットプレイスで商品、サービス、ギフトカードと交換することができるほか、将来の利益のために仮想通貨ウォレットに保持することもできます。

関連する専門知識を持つ人々は、フィードバックを評価し報酬の対象かどうかを決定する審査員になることもできます。これらの審査員は、自身の専門分野での知識と経験を確認するために厳格なバックグラウンドチェックを受け、フィードバックの検証に対してEASYFトークンを獲得することができます。EasyFeedbackは、サービスのトークン化により、その利用が600%増加すると予測しており、これは早期投資家にとって良い兆候となる可能性があります。

13. WeSendIt(WSI)- Web3に参入する確立されたファイル共有プラットフォーム

WeSendItとは何ですか?

WeSendItは、AltSignalsと同様に、仮想通貨空間への参入前から評判のあるファイル共有プラットフォームです。データ保護とセキュリティを重視しながら、大容量のファイル転送とストレージを簡単に行うスイスの会社です。現在、WeSendItはカスタムビルトの分散型ソリューションでWeb3に参入しています。

WeSendItは、分散化によって、クライアントのファイルが100%機密性を保ちながら、通常のクラウドストレージプロバイダーよりも最大80%安くなると主張しています。さらに、データは世界中の数千の可用性ゾーンに冗長に保存されるため、サーバーの障害によるデータの損失のリスクはほぼなくなります。

WSIデジタルコインを使用することで、ユーザーはクレジットカードやPaypalで支払うよりも最大60%安い価格でProおよびPremiumオファーを利用することができます。ユーザーはまた、データを送信することでWSIリワードを獲得することもできます。さらに、エコシステムにさらに多くのユーザーを勧誘するために、WSIでユーザーに報酬を支払う寛大な紹介制度もあります!

14. Mintera(MNTE)- パッシブ収入を生み出すグリーンプロジェクト

Minteraとは何ですか?

Minteraは、ブロックチェーン技術を活用して環境にポジティブな影響を与えるクライメートフレンドリーな暗号通貨プロジェクトです。Minteraは、ブロックチェーンベースのプロジェクトの開発が社会に良い影響を与えると信じていますが、暗号空間の廃棄物に問題があると考えています。そのため、Minteraは持続可能な製品のエコシステムを構築し、「未来の緑のデジタル投資銀行」と位置付けています。

Minteraエコシステムの中心には、MNTEトークンがあり、潜在的な投資家は緑の投資商品、収益ストリーム、特典にアクセスすることができます。Minteraの最も興味深い側面の1つは、グリーンマイニングイールド(GMY)で、長期にわたるグリーンマイニング活動を通じて安定したコインの利回りを投資家に還元するというものです。Minteraは、ビットコインの環境にやさしい代替手段としてChiaをマイニングしています。

収益はChiaの価格に依存しますが、Minteraは年間5%から100%の利率を提供していると主張しています。また、同社は利益の50%を環境団体に寄付し、緑のイノベーションを資金化するために650万MNTEを準備しています。全体として、Minteraは気候にプラスの影響を与えるプロジェクトに投資するICO投資家にとって優れた選択肢です。

ICOへの投資

ICOで注目すべきポイント

では、どのICOに投資する価値があるのかを判断するにはどうすればよいのでしょうか。成功したICOを特定する際に考慮すべき要素の包括的なリストを以下に示します。

  • 法的要素:投資家は、ICOが関連する規制に準拠していることを確認する必要があります。潜在的な法的リスクも考慮する必要があります。一部のトークンは証券取引委員会(SEC)によって証券と見なされる可能性があり、将来的に監視や法的措置の対象になる可能性があります。

  • トークノミクス:イニシャルコインオファリングのトークン経済を評価することは重要です。トークンの供給、分配、ユースケースに特に注意を払ってください。開発チームに割り当てられるトークンの供給量が過剰または不十分である場合は、問題の兆候となる可能性があります。通常は5〜15%が一般的です。

  • ホワイトペーパー:プロジェクトの目標、技術、ロードマップを理解するために、ホワイトペーパーの確認は重要です。イニシャルコインオファリングに投資する前に、プロジェクトに明確で実現可能なロードマップがあるかどうかを評価してください。

  • パートナーシップと条件:ICO企業が確保したパートナーシップや提携、およびそれらの合意条件を評価することは良いアイデアです。これらのパートナーシップはプロジェクトに価値をもたらし、成長を支援することができます。

  • チームとアドバイザー:暗号通貨プロジェクトの背後にいるチームを評価することは重要です。各チームメンバーの経験と専門分野の資格も考慮する必要があります。投資家は、プロジェクトに価値をもたらす可能性のある優れたアドバイザーも検討するべきです。

  • コミュニティと関与:プロジェクトのコミュニティを評価することは重要です。コミュニティの関与とサポートを含めて評価してください。強力なコミュニティは、ICOの成功与否に大きな影響を与えることがあります。

新しいコインが発売されたかどうかをどうやって知るのですか?

仮想通貨とブロックチェーンのスタートアップの急速な世界で最新のトークンセールの情報を把握することは難しいかもしれません。幸い、投資家が情報を得るのに役立ついくつかのリソースが利用可能です。最初に始めるのに最適な場所の1つはTwitterやRedditなどのソーシャルメディアプラットフォームです。ここでは、仮想通貨愛好家や業界のリーダーが新しいトークンに関するニュースを投稿することがよくあります。

一部のコインは、中央集権型取引所を通じてイニシャルエクスチェンジオファリング(IEO)または分散型取引所を通じてイニシャルDexオファリング(IDO)でのみ発売されます。最後に、アクティブなICOおよび今後のICOのリストが多数存在します。最新のトークンセールを紹介するウェブサイトを検索してください。

イニシャルコインオファリング(ICO)の利点

  • 迅速な資金調達:ICOは、ブロックチェーンスタートアップにとって比較的迅速かつ費用効果の高い資金調達手段を提供します。IPOなどの従来の資金調達方法とは異なり、ICOは金融機関の必要なく、世界中の投資家にリーチすることができます。ブロックチェーンスタートアップは、より制約の少ない形でより速く資金を調達し、製品の開発と事業の成長に集中することができます。

  • 潜在的な高いリターン:ICOは新しい革新的な技術に投資することが多いため、投資家は新しい製品やサービスの早期採用者としての恩恵を受けることができます。これにより、保有している新しいトークンの価格が大幅に上昇し、初期投資の高いリターンにつながることがあります。

  • コミュニティ:ICOは通常、新しいコインを中心にコミュニティを形成することを目指しています。これは忠実なファンを作り出し、新しい技術の採用を促進するのに役立ちます。投資家にとっては、志を同じくする仮想通貨愛好家とつながり、成長する支持者のコミュニティに参加する機会を提供します。

イニシャルコインオファリング(ICO)のデメリット

  • 規制の不足:ICOは比較的新しい資金調達手法のため、規制が乏しい状況です。これにより、投資家がプロジェクトの正当性を評価するのが困難になり、資金の不適切な使用や詐欺行為の可能性が広がります。しばしば制裁が少ない場合もあります。

  • ボラティリティ:ICOは非常に投機的な投資です。それらの潜在的なリターンは、より確立されたプロジェクトよりも通常高いものですが、それに伴うリスクも増します。多くのスタートアップと同様に、最高のICOでも目標の達成に重大な課題に直面する可能性があり、トークンの価値は市場状況や予期しない展開によって急速に変動することがあります。

  • 技術的リスク:ICOは通常、新しい未検証の技術に投資することを含みます。これにはハッキングや他のセキュリティ侵害への脆弱性、および基盤となる技術の欠陥や弱点などの重大な技術的リスクが存在する可能性があります。これにより、投資家の資金が失われ、プロジェクトの将来の展望が損なわれる可能性があります。

暗号通貨とは何ですか?

暗号通貨とは、通常高度に分散化され、政府や金融機関から独立して運営されるデジタル資産です。最も価値のある暗号通貨はビットコインで、一般的には価値の保存手段と見なされています。2番目に大きな暗号通貨はイーサリアムで、非常に多機能なスマートコントラクトを提供します。

ICOとは何ですか?

ICOは、ブロックチェーンのスタートアップが資金調達をするために使用する方法で、新しいトークンやコインなどのデジタル通貨を発行して投資家に対して暗号通貨や法定通貨と交換することです。

ICOは違法ですか?

ICO自体は違法ではありませんが、多くの管轄域で証券法による監視を受ける可能性があります。具体的には、アメリカの証券取引委員会(SEC)などの規制機関による監視が行われます。したがって、ICOは関連する規制を遵守して違法問題を回避する必要があります。

ICOのコインは良い投資ですか?

ICOのコインの投資リターンは高い可能性がありますが、規制の欠如や変動リスクが伴います。適切なICOを選ぶことは難しいですし、ICOのコインのパフォーマンスは多くの要素に依存します。

どこでイニシャルコインオファリングの暗号通貨を購入できますか?

ICOは通常、スタートアップ自体から直接購入するか、PinksaleなどのICO集約ウェブサイトで購入します。一部のICOは取引所で行われ、IEOまたはIDOと呼ばれます。

2023年における次の大きなイニシャルコインオファリングは何ですか?

2023年における次の大きなICOを予測するのは難しいですが、このリストのトークンの多くは、特にChancerとShiba Memuは好調なパフォーマンスを示す可能性があります。

ICOとIPOの主な違いは何ですか?

ICOとIPOの主な違いは、IPOが既存の企業が株式を一般に公開して資金調達する伝統的な方法であるのに対し、ICOはスタートアップが新しいトークンを発行して資金を調達する方法です。

ICOの資金はどうなりますか?

ICOで調達された資金は、プロジェクト内の特定の機能の開発や成長、開発者の雇用、プロジェクトのマーケティングなどに使用されることが一般的です。資金の具体的な使用方法は、ICOプロジェクトのホワイトペーパーに記載されている場合があります。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

クリプト価格の展望:ビットコイン、メーカー、シバメム

ビットコイン(BTC)は26,650ドルを超えて取引され、メーカー(MKR)は1,470ドル近くを記録しましたシバメム(SHMU)の価格は...

ブロックチェーン

「米国下院金融サービス委員会、新たなPayPalステーブルコインに異なる意見を持つ」

「議論の対立にもかかわらず、米国下院のリーダーシップは、新たなPayPalステーブルコインに対して堅牢な規制フレームワーク...

ブロックチェーン

オープンシーは、クリエイター手数料の強制を無効にするように移行します

人気のある非交換可能トークン(NFT)マーケットプレイスであるOpenSeaは、ロイヤリティ強制ツールである「Operator Filter」...

ブロックチェーン

「Particle NetworkはWaaS V2で大成功を収め、1年間で15万以上のウォレットのアクティベーションを達成」

ウェブ3インフラプロバイダのパーティクルネットワークは、Wallet-as-a-Service(WaaS)V2の展開が大成功を収めていると述べ...

ブロックチェーン

「Bank of AmericaがRipple vs SECの判決における不確実性を強調」

「リップルとSECの訴訟における最近のXRP判決は、必要な規制の明確さを提供しない可能性があると、バンク・オブ・アメリカは...

市場

グラフは決済レイヤーをアービトラムに移行します

ブロックチェーンデータのインデックス化およびクエリングプロトコルのリーディング企業であるThe Graphは、Ethereumからレイ...