カール・アイカーンと銀行が修正済みの融資契約を最終的に確定

Carl Icahn and the bank have finally confirmed the revised loan agreement.

億万長者の投資家カール・アイカーンといくつかの銀行は、以前にアイカーンの個人ローンをアイカーンエンタープライズ(NASDAQ: IEP)の取引価格に結び付けていたローン条件を改定することで合意しました。

ウォールストリートジャーナルの報道によると、カール・アイカーンと貸し手の銀行は、アイカーンの個人ローンをアイカーンエンタープライズの取引価格から解放する改定ローン契約を最終的に締結しました。これにより、ショートセラーのヒンデンブルグリサーチレポートが提起した懸念に対処し、アイカーンのより安定した借入契約を確立することを目指しています。

アイカーンの個人ローンをアイカーンエンタープライズの取引実績から切り離すことで、改定契約は彼の借入条件が株価の変動に依存しなくなることを保証します。この切り離しにより、アイカーンは自身の目標や市場分析に基づいて金融的な意思決定を行う自由を得ることができ、会社の株価変動の圧力を受けることなく行動することができます。

関係者によると、カール・アイカーンは彼のローンの担保を増やすことで合意し、3年以内にローンを完済する計画を立てています。この動きにより、ローンに関連する潜在的なリスクを軽減するだけでなく、ステークホルダーや投資家に対してより大きな保証を提供します。

カール・アイカーンは、有名な投資家でビジネスマンであり、金融界において長い歴史を持っています。彼の投資会社であるアイカーンエンタープライズは、エネルギー、自動車、不動産など、さまざまな産業で活動しています。

アイカーンは、株主価値を高めるための変革を提唱することを目的としたアクティビスト投資手法で知られています。昨年、この億万長者投資家はTwitter Inc.に最大5億ドルを投資した後、大きな利益を上げました。

ヒンデンブルグリサーチによるカール・アイカーンとベンチャーへの告発

5月、ヒンデンブルグリサーチはアイカーンエンタープライズに関するレポートを発表し、同社が保有資産を過大評価し、「ポンジのような」構造を通じて配当を支払ったと主張しました。この調査では、アイカーンエンタープライズの財務諸表の真正性と透明性に疑問を投げかけ、保有資産の評価に焦点を当てました。

ヒンデンブルグリサーチは、アイカーンのIEP株式が未確認の証券ローンの担保として大幅に担保されていることに懸念を示していました。この研究は、IEP株式の65%以上が担保として使用されていることに関連する潜在的なリスクについて懸念を表明しました。

当時、カール・アイカーンはその報告書を「自己都合的なもの」と一蹴しました。彼はアイカーンエンタープライズの財務諸表の正確性と信頼性、および同社の評価方法と配当分配方法を擁護しました。アイカーンは、このレポートが市場を操作し、ヒンデンブルグリサーチ自身の利益を追求する試みであると強調しました。

ヒンデンブルグリサーチの調査発表後、アイカーンエンタープライズの株価は31.78ドルという最低値にまで下落し、10年以上ぶりの最低値を記録しました。この下落は、投資家の信頼の欠如を示し、ヒンデンブルグリサーチの懸念に対する市場の反応を示しています。

しかし、最近の合意により、アイカーンエンタープライズの投資家やステークホルダーに対して安心感を与えることができます。透明性とリスク軽減への取り組みを示すことで、アイカーンと彼の貸し手は同社の安定性と経営に対する信頼を築いています。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

MarketAcrossは、Chainlink Labsと提携し、ブロックチェーンスタートアップを支援するための連携を形成しました

Web3.0マーケティング企業のMarketAcrossは、ブロックチェーンスタートアップが知名度を高め、成長するためにChainlink Labs...

ブロックチェーン

「ファーストムーバーアメリカ:ビットコインはまだ行き場を失っている」

2023年9月6日の仮想通貨市場の最新の価格変動の文脈内での動き

市場

Binanceは、EU規制に準拠するため、プライバシーコインのリストから削除する決定を取り消しました

バイナンスは、プライバシーコインをヨーロッパから除外することはなく、代わりにEU法に沿った資産の分類を見直すことにしました

NFT

無料プロモーションNFTおよび暗号エアドロップは、新しい英国の規制により禁止されると、公式が述べた

仮想通貨のエアドロップやNFT自体は禁止されませんが、FCAのマシュー・ロングは、投資を促進するプロモーションと併用される...

観点

ゲイリー・ゲンスラー氏による暗号通貨規制に関する発言「数年間にわたり明確性があった」

SECは、Kocooが米国の証券法に違反したとして、今日Kocooを訴えました以下はGary Gensler委員長がCNBCの「Squawk on the Stre...

ブロックチェーン

コインベースは、無料の30日間トライアルを提供するCoinbase Oneでカナダ市場に参入します

コインベース暗号通貨取引所は、すでに堅固な地位を築いている北米市場において、カナダへの進出を拡大しています