テザー、ジョージアとの協定を締結し、ビットコインとピアツーピアインフラの開発を進める

Tetherは、ジョージア政府との覚書(MOU)に署名し、同国をピア・ツー・ピア(P2P)テクノロジーの中心拠点と位置付けることを目指しています。この協力関係は、繁栄するスタートアップエコシステムの育成と、ジョージアへの国際的な注目と投資の呼び込みを目指しています。TetherのCTOであるPaolo Ardoinoは、同社のグローバル戦略の推進と、安定性を超えた提供の多様化への取り組みを強調しました。彼はプレスリリースで「Tetherは都市を活性化させ、ビットコインをはじめとするブロックチェーン技術やKeetやHolepunchなどのピア・ツー・ピア技術ソリューションの採用を支援することを目指しています。」と述べています。このパートナーシップでは、分散型ソリューションとテクノロジースタートアップのための環境づくりに焦点を当てます。

経済および持続可能な開発副大臣のIrakli Nadareishviliは、Tetherがジョージアへの投資に興味を持っており、現地のスタートアップのための特別な基金を設立する計画があることを強調しました。この基金は、ブロックチェーン技術の開発を支援し、ジョージアをテクノロジースタートアップにとって魅力的なエコシステムと位置付けることを目的としています。Nadareishviliは、教育分野での協力の重要性も強調し、セクターで活動する企業のさらなる呼び込みを促しました。

Tetherとジョージア政府の協力関係は、スタートアップや教育にとどまらず、プレスリリースによれば、「堅牢で独立したコミュニケーションと金融システムの開発と実装も検討する」とのことです。

国内の分散型テクノロジーエコシステムを強化するため、Tetherとジョージア政府は、ビジネス&テクノロジー大学(BTU)を含む地元の学術機関と緊密に連携し、教育プログラムとイニシアティブの開発に取り組む予定です。これらの取り組みは、学生や専門家がビットコイン業界で成功するために必要な知識とスキルを身につけることを目指しています。

全体的に、Tetherとジョージア政府のパートナーシップは、イノベーションの促進、ジョージアをビットコインやピア・ツー・ピア技術のグローバルリーダーとして位置付け、企業や専門家を同国に呼び込むことを目指しています。ジョージアは、技術の利用と投資における繁栄する環境を創出することで、イノベーションと経済成長の革命を起こすことを目指しています。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

「価格の下落中、XRPの大口ホエールが29ミリオントークンをBitstampに移動する」

「裁判官トーレスの非証券判決により、XRPは下方圧力に直面し、売りが出ています29M XRP($15M +)をBitstampに移転する大型...

ビットコイン

$24,000のBTCバルスアイ:ビットコインは夏の低迷に向かっているのか?

ビットコインは過去数週間にわたってジェットコースターのような動きをしており、市場で最大の仮想通貨は30,000ドルを突破す...

ブロックチェーン

ブラジルのBTGパクチャル銀行が、Bitcoinに対応した証券会社オラマを9900万ドルで買収

ブラジルの主要な投資銀行BTG Pactualは、銀行のデジタルプラットフォームを拡大する戦略の一環として、暗号通貨に対応した証...

ビットコイン

ビットコイン価格が30,000ドルを超え、ブルランは戻ってきたのか?

ビットコインの価格は2023年に2度目の30,000ドル以上に戻り、ブルたちはそれが今回は保たれ、新たな信頼につながることを望ん...

ブロックチェーン

アニメシリーズ『フューチュラマ』は、キャラクターたちを「ドージシティ」に連れて行き、仮想通貨マイナーをからかいます

最新のエピソードでは、ストリーミングプラットフォームHuluで8月7日に放送され、キャラクターたちは、番組内で仮想通貨の採...

市場

ビットコインATM市場の経済学は、より広範な採用を妨げる可能性があります

暗号通貨ATM産業が繁栄するためには、運営企業が規制上の明確さを取得することが重要になります