FTX債務者は、Genesisの「重要な」請求額の見積もりが「$0.00」であることに異議を唱えています

破綻した仮想通貨取引所FTXが、同じく破綻した暗号化貸し手のGenesisから40億ドルを要求してからわずか1か月後、FTXは今度は何も受け取る権利がないと主張する請求に異議を唱えています。

ニューヨークの破産裁判所で6月2日に行われた裁判所の申し立てによると、FTX債務者はGenesisが「$0.00」という請求権を有すると評価したことに異議を唱えました。これは6月1日に提出された評価手続きの申し立てでGenesisが述べたことです。

FTX債務者は、調停プロセスに参加しておらず、申し立てが行われる前に「何の事前通知も受けていない」と主張しています。

Genesisが申し立てでFTX債務者が情報を受け取ったと示唆した声明は、以下のように否定されました:

「FTX債務者は、計画構造を策定するために「全ての利害関係者と迅速に協力する」とGenesis債務者がEstimation Procedures Motionで表明したにもかかわらず、調停に参加するよう招待されていない。」

ファイリングで、申し立てに記載された評価手続きの「$0.00」の評価は、Genesis債務者にとって「遅延を防止し、Chapter 11の計画の確認をすばやく進めるために重要である」と再度強調されました。

FTX債務者は、「Genesis債務者のChapter 11事件で最大の未保証債権者であり、彼らが調停に参加することが不可欠である」と主張し、調停に参加することが重要であると述べました。

「FTX債務者が含まれないままの調停は、資産残余を浪費するものであり、FTX債務者の参加なしで続けるべきではない。」

FTXの弁護士たちは、破産を申告するまでの90日間に発生した「回避可能な譲渡」を回収することを可能にする破産法に基づいて、5月3日にGenesisから40億ドル近くを求めていました。

FTX債務者は、破産申請の際に法的手続きを一時停止する自動停止措置を解除するよう求める申し立てを行いました。

FTX債務者は、裁判所によって6月15日に審理されるように申し立てを行いました。

関連記事: SBFは、自己防衛に使うために古いFTX/Alameda法律事務所から文書を召喚したい

5月9日、暗号通貨企業Genesis Capitalの親会社であるDigital Currency Group(DCG)は、「未解決のグループ企業債務」に対する「解決策が見つかっていない」と報告しました。

この期間中、DCGは債権者からの要求に応えてGenesisとの調停期間に入っていました。

2月には、同社がChapter 11破産を申請した後、Genesis債権者が資金の80%を回収することを見込んで和解案を提出していました。

雑誌: FTXの崩壊後、暗号通貨取引所を信頼できるか?

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

市場

オーストラリアの銀行は、制限を擁護しつつ、詐欺の40%が暗号通貨に「触れる」と主張しています

オーストラリアの主要銀行であるコモンウェルス銀行を含む複数の銀行は、シドニーで開催されたオーストラリア・ブロックチェ...

政策

裁判所が検察側の控訴を退けた後、クォン・ド氏は再び保釈されました

クォン・ドゥ氏は、モンテネグロで保釈を認められ、自宅軟禁下に置かれることになりました

ブロックチェーン

「ウクライナ政府は、2013年以来の規制のない仮想通貨取引所による8100万ドルの税金損失を報告」

ウクライナの経済安全局は、関連性のない地元の仮想通貨取引所が2013年から2023年までの間に約8100万ドルの納税漏れを引き起...

ブロックチェーン

「G20サミットでインドのモディ首相がグローバルな仮想通貨フレームワークの構築を提唱」

モディ氏は航空産業の共通の規則と規制を引用し、暗号通貨のような技術も世界的な合意に基づいて統治されるべきだと述べた

ブロックチェーン

暗号通貨ブリッジプロトコルのMultichainは、CEOとその姉妹が中国で拘束された後、運営を停止しました

Multichainは、「情報源の不足とそれに伴う運営資金の欠如」のためにこの措置を取らざるを得なかったと述べました

ブロックチェーン

「米国の規制状況により、ナスダックは暗号通貨の保管サービス計画を一時中止」

「株式市場の運営会社は、3月に保管業務のためのインフラと規制承認を整えていると発表しました」