マイクロソフトCEO、2030年までに収益を5000億ドルに倍増するという大きな目標を掲げる

昨年、マイクロソフト社の最高経営責任者(CEO)であるサティア・ナデラ氏は、同社が財務年度2030年に5000億ドルの収益を達成するという野心的な計画を発表し、幹部や取締役会員に大胆な声明を行いました。

この目標は、マイクロソフトの現在の規模を2倍以上超えるものであり、同社のイノベーションと成長に対する揺るぎないコミットメントを示しています。

CNBCが報じたところによると、ナデラ氏のコメントは、マイクロソフトがActivision Blizzard Inc(NASDAQ:ATVI)を買収することに関連する連邦裁判所の聴聞会で最近公開され、同社の戦略的目標を明らかにしました。

ナデラ氏のメモには、マイクロソフトが持続的な使命と文化に沿った成長志向の戦略を実施し、自社の目標を達成する意向が明記されており、同社が少なくとも年間収益成長率10%を達成することを目指し、その野心的な収益目標に向けた舞台が設定されました。

マイクロソフトは、革新を一貫して推進し、新しい市場に進出し、広範な製品ポートフォリオを活用することで、安定した成長軌道を維持し、この驚異的な目標に向かって進むことを目指しています。

成長戦略の概要に加えて、マイクロソフトCEOは、配当と株式買い戻しを含む株主利益の予測も提供しました。2022年6月7日付の開示文書によると、ナデラ氏は、同社の野心的なアプローチが、指定期間中に株主に年間10%以上のリターンを提供する結果となることに自信を表明しました。

マイクロソフトCEOが収益目標達成の戦略を概説

同社の目標を達成するために、ナデラ氏は「20/20」という戦略目標を設定し、財務年度2022年以降、年間売上高20%増加とオペレーティング利益20%増加を目指しました。

驚くべきことに、マイクロソフトの2022年の財務結果は、同社の強力な成長軌道と自らの期待を上回る能力を示しました。厳密には「20/20」の目標には到達していないものの、マイクロソフトは注目すべき結果を達成しました。同社のトップライン収益は18%増加し、1982.7億ドルに達し、業界平均を上回りました。

さらに、マイクロソフトは、オペレーティング収益を19%増加させ、収益性を向上させる能力を示しました。このパフォーマンスは、マイクロソフトの適応力、強靭さ、および複数の産業において顧客に共感する革新的な製品やサービスを開発し続ける成功を示しています。

成長の駆動要因

開示されたメモでは、ナデラ氏は、消費者向け製品をカバーするMicrosoft Plusと、主に法人顧客を対象とした製品のスイートであるMicrosoft Cloudの区別を明確にしました。ナデラ氏は、Microsoft Cloudを同社の成長の主要な駆動要因と位置付け、Azure、Microsoft 365、LinkedInなどの提供を含めました。

特に、Microsoft Azureは、クラウド業界の主要な参加者の1つとして、大きな成長と成功を収め、インフラ、プラットフォーム、ソフトウェアソリューションなどの包括的なクラウドコンピューティングサービスを組織に提供するため、Amazon Web Services(AWS)やGoogle Cloud Platform(GCP)と直接競合しています。

全体として、ナデラ氏のメモは、市場平均を上回る成長率を維持することが優先事項であり、GCPなどの競合他社にリードを保持し、AWSとの差を縮めることを強調しています。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

Inflection AIは、MicrosoftとNvidiaをリードとする出資により、13億ドルを調達しました

会社は、Nvidiaのデバイスを使用して22,000のGPU AIトレーニングセンターを構築することを目指しています

ブロックチェーン

「ビットコイン価格は2024年のハーフニングによって46,000ドルに達する可能性がある」とフィルビルブとのインタビュー

フィルビルビル氏の最新のBTC価格予測によると、Bitcoinは2024年第1四半期までに35000ドル以上を回復する可能性があります

ブロックチェーン

Ethereumのスケーリングプロトコルは、ゼロ知識証明の使用を推進しています:Finance Redefined

木曜日の市場全体の急騰にもかかわらず、DeFiプロトコルにロックされた総価値は500億ドルを下回りました

観点

ブラックロックのビットコインETFは大きな問題となる可能性がある

技術的には信託であるかどうかは本当に重要ではありません

ブロックチェーン

TVL(総バリューロック)の面で、ソラナがイーサリアムを抑えて最も優れたパフォーマンスを発揮しました

特にSolanaは、最近の総額ロック(TVL)において大きな成長を見せており、1ヶ月で14%上昇しました