ブラックロックのiSharesがスポットビットコインETFの文書を提出

資産運用大手ブラックロック(BLK)のiShares部門は、アメリカ証券取引委員会にスポットビットコイン(BTC)ETFの設立の申請書を提出しました。

ファンドの名前はiShares Bitcoin Trustとなり、申請書によれば、ファンドの資産は「信託の代わりにカストディアンが保有するビットコインが主に構成する」とのことです。

コクーは先日、ブラックロックが近々ビットコインETFの申請を行うと報じました。

SECは、一部の先物ベースのビットコインETFを承認している一方、Grayscale、VanEck、WisdomTreeなどの他の資産運用会社によるスポットビットコインETFの試みを拒否していることに注意してください。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

ブロックチェーン

ビットコインのマイニング難易度が過去最高に達し、BTCマイナーの売却がピークに達しました

BTCマイナーは、Bitcoinのマイニング難易度が新たな記録高を更新したことから、引き続き報酬を売却し続けていますマイナーの...

ブロックチェーン

ボルネオ当局は、盗電で稼働している違法な仮想通貨マイナーを押収

ボルネオ当局は、盗電力を利用して運営されていた違法な仮想通貨マイニング施設を閉鎖しました

市場

「ビットコインのみ」の買い握り投資戦略は、長期的にはオルトコインよりも優れていることが分析で示されています

2015年以降、一部の例外を除いて、アルトコインがBTCを上回った時期があったものの、ビットコインにのみ投資する戦略はアルト...

市場

ファーストムーバーアメリカ:ビットコインは26,000ドルを下回る方向に向かっているのか?

2023年6月5日の仮想通貨市場における最新の価格動向について、背景を含めて説明します

ブロックチェーン

「X(Twitter)がビットコインと仮想通貨の保管、送金、取引のライセンスを取得」

「このライセンスには、ウォレット、決済プロセッサ、取引所などの関連サービスプロバイダも含まれています」

市場

ビットコイン、1ヶ月に14.7万ドルの不流動化で着実な蓄積の兆候

「市場は静かな蓄積期に入っており、需要の下流が示唆されているようです」と分析家の一人が述べました