私がビットコインのプライバシーを保護して真の金融の自由を楽しむ方法

この記事は、self-custody product company BitHyveの共同創設者であり、Bitcoin4Indiaの主催者の1人であるPrasad Prabhakaranによるオピニオンエディトリアルです。

Bitcoinの世界に足を踏み入れて以来、分散化、セキュリティ、匿名性という約束に魅了されてきました。しかし、私の旅はプライバシーを無視したビットコイン取引の真のコストを明らかにすることも示しました。

直接の経験と学んだ教訓を通じて、個人情報を保護しプライバシーレベルを最大化することの極めて重要性を認識しました。この記事では、ビットコイン取引におけるプライバシーを犠牲にすることの危険性と、私が金融自由を取り戻すために取った手順について共有します。

透明な取引の代償

ビットコインのプライバシーの潜在的な可能性に対する初期の熱狂は、適切なプライバシー対策がない場合、私の取引が匿名ではないという厳しい現実に直面しました。ハッカーが大量のビットコインを保持するウォレットを特定し、ターゲットにする可能性があるため、盗難のリスクが大きいと感じました。これらの攻撃の犠牲者を目の当たりにしたことで、プライバシーの欠如が引き起こす深刻な金銭的損失に気付かされました。

個人的な懸念を超えて、ビットコイン取引におけるプライバシーの無視が、様々な目的で特定の個人をプロファイリングし、ターゲットにするツールになる可能性があると感じ始めました。このプライバシーの侵害がビットコインに対する信頼の喪失を招くことがあり、ユーザーは法定通貨システムに代わるより安全で許可なしの代替手段を求めている可能性があるため、ビットコインの真の可能性はプライバシーが受けるべき重要性を与えられたときにのみ実現できます。

プライバシーと金融の自由を取り戻す

怠慢のコストに目覚めた私は、個人情報を保護しプライバシーレベルを高めるための積極的な手順を踏みました。採用した戦略は以下の通りです。

  1. プライバシー強化技術の採用:仮想プライベートネットワーク(VPN)とTorを使用してインターネットトラフィックを暗号化し、自分自身の身元を保護し、監視から逃れることがより困難になりました。
  2. CoinJoinとWhirlpoolの活用:特にWhirlpoolなどのソリューションを通じたCoinJoin技術により、他の人々のビットコイン取引と混ぜ合わせることで、私のプライバシーが大幅に強化され、外部からのビットコイン取引のトレースが困難になりました。
  3. ラベル付けと管理:未使用取引出力(UTXO)を細心の注意を払って管理することで、取引履歴を分離し、ステルスアドレスを採用し、コインコントロールを行うことで、全体的なプライバシーを強化しました。
  4. アドレス再利用の習慣を断つ:各ビットコイン取引に対してユニークなアドレスを選択し、アドレス再利用を避けることに決めました。この簡単なが重要な実践により、他人が私のビットコイン取引を追跡および監視する能力が最小限に抑えられました。
  5. ピアツーピアの購入:取引所に頼るのではなく、ピアツーピアの取引にシフトすることで、個人情報と取引詳細の露出を最小限に抑えました。
  6. 情報共有に注意を払う:オンラインで共有する個人情報に注意を払い、データの各部分が金融活動を特定および追跡するために悪用される可能性があることを理解しました。可能な限り擬似名および別名を使用することで、身元を保護しました。

制御を取り戻す

私自身の経験を通じて、ビットコイン取引におけるプライバシーを犠牲にすることの真のコストを目撃しました。しかし、個人情報を保護しプライバシーレベルを高めるための積極的な手順を踏むことで、私は金融自由を取り戻しました。

ビットコインの分散化、セキュリティ、疑似性の約束は、私たちがプライバシーを優先し保護することができたときにのみ完全に実現されます。私たちは、私たちの資産とプライバシーを保護することが、より安全で解放的な未来につながることを知識の力で実現できるように、一緒に立ち上がりましょう。

この記事は、Prasad Prabhakaranによるゲスト投稿です。表明された意見は彼ら自身のものであり、BTC IncまたはKocooの意見と必ずしも一致するものではありません。

We will continue to update Kocoo; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

観点

ビナンスとコインベースの告発において、ジョージ・ソロスからの暗号通貨レッスン

ポジショニングと期待が、バイナンス事件が価格を下げた理由と、コインベースの後に市場が回復した理由を説明しています

Web3

暗号通貨詐欺師と盗難を防止するためのツールの必要性:ワールドトークンサミット

マティアス・メンデは、Web2の認証済みソーシャルアカウントをブロックチェーンにリンクすることで、デジタル詐欺を防止でき...

ブロックチェーン

いいえ、サム・バンクマン・フリードは民主党によって救済されていません

「司法省は、おそらく再び戻ってくるであろうFTX創業者に対する選挙資金の告発を取り下げましたこの問題は手続き上の問題であ...

DeFi

「スキャマー」が、ユーザーが100Mに近づくにつれて、Crypto Twitterのユーザーをスレッド上でなりすましています

Metaのスレッドへの登録数は、急速に1億人に近づいていますが、悪意のある目的で登録しているという懸念があります

ブロックチェーン

「ビットコイン vs イーサリアム:最初の原則に根ざした文化戦争」

「Botanix Labsの創設者であるWillem Schroe氏は、なぜ彼の会社が分散型の第2層を開発し、Ethereum Virtual Machine(EVM)を...

観点

英国が新たな仮想通貨規制で先駆けを示す

イギリス金融行動監視機構(FCA)の規制は、開発者にとって法的な明確さを提供する一方で、仮想通貨をマーケティングする企業...